内科後期研修プログラム

上都賀総合病院内科専門研修プログラム

1.理念・使命・特性
理念【整備基準1
 本プログラムは、上都賀総合病院を基幹施設として, 栃木県西保険医療圏や近隣医療圏の連携施設・特別連携施設が有機的に連結し、総合内科に重点を置いた実践的教育を行ない、幅広い医学知識と臨床技能を習得していただいた上で、地域の医療事情を理解し、実情に合った医療を実践する、柔軟性の高い内科医を育成することを目標とします。
 全ての内科医には、基礎的な問診と理学的所見に基づいて、迅速かつ正確に初期診断を下す能力と、診療開始時に得られた限られた情報をもとに、適切なトリアージと初期治療によって最大限の安全を確保する初期対応能力が必要とされます。こういった能力を養うためには、経験豊かな指導医のもとで、前情報のない重症例に数多く接することが望まれます。
 また、通常の医療は全力をあげて患者さんの生命を救う段階(超急性期)、全身状態を安定させる段階(急性期)、社会に復帰する能力の再獲得を支援する段階(回復期・亜急性期)、安定した状態を維持する段階(慢性期)の4段階に分類できます。この4つの各段階に相互矛盾が生じないように、各段階にかかわる職種からなる医療チームにおいて、一貫性のあるマネージメントを行なう能力も、全ての内科医にとって必要な能力です。
 同時に、社会復帰が不可能な患者さんや、終末期にある患者さんに最善の療養環境を提供し、最期の瞬間まで尊厳に満ちた生涯を全うしてもらうことも、死の現場に多く立ち会う内科医にとって、欠かせない任務です。そのためには生命の尊厳について研鑽し、常に思索を巡らせ、仲間と語り合うことが必要です。
 さらに、これらの能力をその時点で標準的な医学的知見に見合った内容に進化させるためには、生涯にわたって学術的な研鑽に努めるとともに、臨床における疑問点の解決にむけて研究活動を継続する姿勢が必要です。
 内科医にとって、各専門領域のSubspecialtyを獲得することは非常に大切です。しかし、みなさんが将来、特定の領域において本当に優秀な専門家になろうとするのならば、何よりもまず確固とした基礎を築くことが必要です。さらなる専門知識は、内科全領域にたいする幅広い知識と技術の裏付けがあってこそ、その真価を発揮するものといえるでしょう。
 本プログラムにおいて、われわれは全ての内科医に共通して必要とされるこれらの基礎的な能力を、真摯に、全力をもってみなさんに伝えることをお約束致します。
使命【整備基準2
超高齢社会を支える内科専門医として、
1) 生命の尊厳を常に思索し、2) 高い職業倫理と責任感に基づいて、3) 標準的かつ安全なチーム医療を円滑に実践し、 4) 臓器別専門性に偏らず患者中心の全人的医療を提供するための研修を行います。
本プログラムを修了した後も研鑽を怠らず、生涯にわたって知識を更新し続け、長く医療に貢献することができるよう、学術的研鑽の方法を教えます。
実際の医学研究に従事することによって、生涯にわたって未知の医学的課題を科学的に検証する姿勢を持ち続けうる医師を育成します。さらに、これによって得た知識をもって、地域の保健医療政策に積極的に貢献できる人材を育成します。

特性
1) 本プログラムでは、栃木県西保険医療圏の中心的な急性期病院である上都賀総合病院を基幹施設として、栃木県西保険医療圏、近隣医療圏にある連携施設・特別連携施設における内科専門研修を経て、超高齢社会を迎えた我が国の医療事情を理解し、地域の実情に合わせた実践的な医療を行えるよう訓練されます。原則として、研修期間は基幹施設における2年間と、連携施設・特別連携施設における1年間です。
2) 入院から退院まで、主担当医として各症例を経験してもらいます。超急性期から安定期まで一貫して診療に従事し、患者の全身状態、社会的背景、療養環境調整まで考慮した全人的医療を実践します。個々の患者に最適な医療を包括的に提供するため、計画立案からその実行までの広範な能力の修得をもって目標への到達とします。
3) 基幹施設である上都賀総合病院は、栃木県西保険医療圏の中心的な急性期病院であり、地域の病診・病病連携の中核です。コモンディジーズはもちろん、高齢者に多い多数の疾患を合併した症例も多数経験できます。一方で県下有数の専門性を持った医師も在籍しているため、領域によってはきわめて希少な疾患の診療も経験できます。高次機能病院や地域病院との病病連携や診療所(在宅訪問診療施設などを含む)との病診連携も経験できます。
4) 日本内科学会内科専門医の認定条件として、基幹施設での2年間の研修で研修手帳(疾患群項目表)に定められた70疾患群のうち、少なくとも通算で45疾患群120症例以上を経験し,日本内科学会専攻医登録評価システムに登録することが必要です。さらに29症例の病歴要約を、専攻医2年修了時点で作成する必要があります。本プログラムでは、院内ローテート形式をとらず、上都賀総合病院内科に在籍した状態で、これらを登録・作成することが十分に可能です。
5) 専門研修3年目の1年間は、地域における立場や役割の異なる関連医療機関で研修を行うことによって、内科医としての多面的な素養を涵養します。
6) 日本内科学会内科専門医の認定条件として、基幹施設である上都賀総合病院での2年間と専門研修施設群での1年間(専攻医3年修了時)で,研修手帳(疾患群項目表)に定められた70 疾患群のうち,少なくとも通算で56疾患群,160症例以上を経験し,日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)に登録することが必要です。研修手帳(疾患群項目表)に定められた70疾患群200症例以上の経験を目標とします。上都賀総合病院と関連医療機関での3年間で、この目標は十分に達成可能です。

専門研修後の成果【整備基準3
 本プログラムは、どのような場所や立場におかれても社会貢献、自己研鑽を続けられる内科医を育成するように配慮します。研修修了後の進むべき道は栃木県西保険医療圏に限定されるものではありません。簡単に想定できるみなさんの進路としては、1)地域医療における内科医(かかりつけ医)、2)内科系救急医療の専門医、3)病院での総合内科専門医 4)総合内科的視点を持ったSubspecialist4者でしょう。研修終了後はそれぞれのキャリア形成やライフステージによって、これらいずれかの形態に合致、あるいは兼務可能な人材に成長していただくよう期待します。当然、その一環として上都賀総合病院内科スタッフ、関連施設のスタッフとなる道も用意します。また、上都賀総合病院では週1回の研修日を取得して社会人大学院を利用することも奨励しています。この制度を利用することによって、終了後にSubspecialty領域の研修、学術研究活動を円滑に開始してもらえるよう配慮しています。

2.募集専攻医数【整備基準27
下記1)7)により、上都賀総合病院内科専門研修プログラムで募集可能な内科専攻医数は1学年3名とします。
上都賀総合病院内科後期研修医は現在3学年併せて3名で1学年1~2名の実績があります。
雇用人員数に一定の制限があるので、募集定員の大幅増は現実性に乏しいです。
剖検体数は2013年度23体、2014年度13体です。
上都賀総合病院診療科別診療実績
2014年実績
入院患者実数
(人/年)
外来延患者数
(延人数/年)
内科
94,406

197,320
専門領域における年間(20144月~20153月)の入院症例数(実数)
 
症例数
消化器
355
循環器
501
呼吸器
487
血液
26
神経
89
内分泌
11
代謝・糖尿病
138
アレルギー
1
膠原病
22
腎臓
63
感染症
106
合計
1799

血液・腎臓領域の入院患者は少なめですが、外来患者診療を含め、1学年3名に対し十分な症例を経験可能です。
消化器内科・循環器内科・糖尿病・内分泌内科・呼吸器内科・リウマチ内科の専門医が各1名以上在籍しています(P.17「上都賀総合病院内科専門研修施設群」参照)。
1学年3名までの専攻医であれば、専攻医2年修了時に「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた45疾患群、120症例以上の診療経験と29病歴要約の作成は達成可能です。
専攻医3年目に研修する連携施設・特別連携施設には、高次機能・専門病院1施設、地域基幹病院2施設及びがん専門病院1施設、計4施設あり、専攻医のさまざま希望・将来像に対応可能です。
専攻医3年修了時に「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた少なくとも56疾患群、160症例以上の診療経験は達成可能です。

3.専門知識・専門技能とは
専門知識【整備基準4】[「内科研修カリキュラム項目表」参照]
専門知識の範囲(分野)は、「総合内科」、「消化器」、「循環器」、「内分泌」、「代謝」、「腎臓」、「呼吸器」、「血液」、「神経」、「アレルギー」、「膠原病および類縁疾患」「感染症」、ならびに「救急」で構成されます。
内科研修カリキュラム項目表」に記載されている、これらの分野における「解剖と機能」、「病態生理」、「身体診察」、「専門的検査」、「治療」、「疾患」などを目標(到達レベル)とします。

専門技能【整備基準5】[「技術・技能評価手帳」参照]
内科領域の「技能」は、幅広い疾患を網羅した知識と経験とに裏付けをされた、医療面接、身体診察、検査結果の解釈、ならびに科学的根拠に基づいた幅の広い診断・治療方針決定を指します。さらに全人的に患者・家族と関わってゆくことや他のSubspecialty専門医へのコンサルテーション能力とが加わります。これらは、特定の手技の修得や経験数によって表現することはできません。

4.専門知識・専門技能の習得計画
到達目標【整備基準810】(P.39別表1「上都賀総合病院疾患群症例病歴要約到達目標」参照)
 主担当医として「研修手帳(疾患群項目表)」に定める全70疾患群200症例以上を経験することを目標とします。全ての専攻医の登録状況については担当指導医の評価と承認が行われます。専門研修年限ごとに内科専門医に求められる知識・技能・態度の修練プロセスは 以下の通りです。

専門研修(専攻医)1年:
症例:「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた70疾患群のうち、少なくとも20疾患群60症例以上を経験し、日本内科学会専攻医登録評価システムにその研修内容を登録します。専門研修修了に必要な病歴要約を10症例以上記載して日本内科学会専攻医登録評価システムに登録します。
技能:指導医とグループを組んで、主治医として症例を担当します。連日、指導医と共同で診断、身体診察、検査所見、解釈、および治療方針決定を行ないます。
態度:専攻医自身の自己評価と指導医およびメディカルスタッフによる360度評価を複数回行って評価を行い、担当指導医がフィードバックを行います。

専門研修(専攻医)2年:
症例:「研修手帳(疾患群項目表)」に定める 70 疾患群のうち、通算で少なくとも45疾患群120症例以上を経験し、日本内科学会専攻医登録評価システムにその研修内容を登録します。さらに専門研修修了に必要な病歴要約をすべて記載して日本内科学会専攻医登録評価システムへの登録を終了します。
技能:密な指導のもとで、単独の主治医として指導医とは別個の症例を担当します。週に2回指導医の教育回診を行ない、診断、身体診察、検査所見、解釈、および治療方針決定のプロセスをチェックします。
態度:専攻医自身の自己評価と指導医およびメディカルスタッフによる360度評価を複数回行って評価を行い、担当指導医がフィードバックします。また、専門研修1年次に行った評価について、省察と改善とが図られたか否かを指導医がフィードバックします。
専門研修(専攻医)3年:
症例:主担当医として「研修手帳(疾患群項目表)」に定める全 70 疾患群200症例以上経験することを目標とします。修了認定には、主担当医として通算で最低56疾患群以上の経験と計160症例以上(外来症例は 1 割まで含むことができます)を経験し、日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)にその研修内容を登録します。また、専攻医として適切な経験と知識が修得されていることを指導医が確認します。既に専門研修2年次までに登録を終えた病歴要約は、日本内科学会病歴要約評価ボードによる査読を受け、より良いものへ改訂します。但し、改訂に値しない内容の場合は、その年度の受理を一切認められないことに留意してください。
技能:内科領域全般について、診断と治療に必要な身体診察、検査所見解釈、および治療方針決定を自立して行うことができるようになることを目指します。
態度:専攻医自身の自己評価と指導医およびメディカルスタッフによる360度評価を複数回行って評価を行い、その結果を担当指導医がフィードバックします。また、専門研修2年次に行った評価についての省察と改善とが図られたか否かについても指導医がフィードバックします。また、内科専門医としてふさわしい態度、プロフェッショナリズム、自己学習能力を修得しているか否かを指導医が専攻医と面談し、さらなる改善を図ります。

専門研修修了には、すべての病歴要約 29 症例の受理と、少なくとも 70 疾患群中の56疾患群以上160症例以上の経験を必要とします。日本内科学会専攻医登録評価システムにおける研修ログへの登録と指導医の評価と承認とによって目標を達成します。
 上都賀総合病院内科施設群専門研修では、「研修カリキュラム項目表」の知識、技術、技能修得は必要不可欠なものであり、修得するまでの最短期間は3年間(基幹施設 2 年間+連携・特別連携施設 1 年間)ですが、修得が不十分な場合、修得できるまで研修期間を1年単位で延長します。一方でカリキュラムの知識、技術、技能を修得したと認められた専攻医には積極的にSubspecialty領域専門医取得に向けた知識、技術、技能研修を開始させます。

臨床現場での学習【整備基準13
内科領域の専門知識は、広範な分野を横断的に研修し、経験した症例をよく省察することによって獲得されます。このため、日本内科学会では内科領域を70疾患群に分類しており、各領域に含まれるいずれかの疾患を順次経験することで、偏りのない症例を経験する助けとなるよう配慮しています。重要な症例については、病歴要約や症例報告として記載してください。また、自らが経験できなかった症例については、カンファレンスによって症例を共有し、自己学習によって知識を補足しましょう。各領域の診療に必要なコアスキルは、その領域の多くの疾患で共通しているものです。希少疾患など、領域内の全ての疾患を経験できなかったとしても、類縁疾患の経験と自己学習によって得られた知識を応用することによって、適切な診療を行えるようになります。
内科専攻医には、担当指導医の指導のもとで入院から退院まで主担当医として各症例を経験してもらいます。超急性期から安定期まで一貫して診療に従事し、患者の全身状態、社会的背景、療養環境調整まで考慮した全人的医療を実践します。個々の患者に最適な医療を包括的に提供するため、計画立案からその実行までの広範な能力を修得してもらいます。
内科カンファレンス(毎週火曜日午後6時30分から)、消化器カンファレンス(毎週木曜日午後4時から)、呼吸器/膠原病カンファレンス(毎週金曜日午後5時から)を通じて、担当症例の病態や診断過程の理解を深め、多面的な見方や最新の情報を得ます。また、プレゼンターとして情報検索能力とコミュニケーション能力を高めます。
内科外来(初診を含む)を少なくても週11 年以上担当して経験を積みます。
日中の救急外来を週2回担当し、内科領域の救急診療を経験します。
当直もしくは休日の日直をおよそ週1回担当し、夜間の救急外来と病棟の急変などを経験します。
全ての内科医にとって有益な検査として、専攻医全員に心臓断層超音波検査、腹部超音波断層検査、上部消化管内視鏡検査を、検査指導医の監督のもとで担当します。このほか、各自の希望に沿って、各領域の専門的検査(心カテーテル検査、心臓負荷シンチグラフィー、大腸内視鏡検査、内視鏡的逆行性胆道膵管造影、腹部血管造影、気管支鏡検査)も研修可能です。
各施設での研修内容
上都賀総合病院での専門研修1年目・2年目の具体的なスケジュールは以下の通りです。
担当する業務
総合内科外来:週1回担当する。
予約時間:午前845分から午前1130分 
初診受付:午前830分から午前1100
内科救急外来:午前もしくは午後の内科救急外来を週2回担当する。
午前:午前830分から午前1200
午後:午前1200分から午後0500
注:困難な症例、重症例、混雑時、入院適応症例の場合は遅滞なく内科統括当番(内科指導医クラスが担当)に報告し、応援や指示を受けること。
休日・夜間当番:週1回程度休日の日直あるいは夜間当直を担当する。
休日日直:午前0830分から午後0500
夜間当直:午後0500分から午前0830
病棟業務:指導医の指導のもと、常時1015名程度の病棟患者を担当する。
専門研修1年目:指導医が連日回診。処置は全て監督下で施行する。
専門研修2年目:指導医が週2回回診。処置は施行前に指導医に報告する。
注:担当症例は、内科統括当番(内科指導医クラスが担当)が各人の業務負荷やこれまでの担当症例を考慮して割り当てる。
注:内科学会に提出するサマリーは、退院時に指導医と協議して選定する。
検査業務:全ての領域の内科医に有益な検査として、以下の検査を各週1回担当する。
上部消化管内視鏡:月曜日・火曜日・木曜日・金曜日の午前中
腹部超音波断層検査:月曜日〜土曜日の午前中
心臓超音波断層検査:月曜日午前または金曜日午後
カンファレンス:内科専攻医はカンファレンスにて毎回各自1例以上を症例提示する。
内科カンファレンス:火曜日午後630分から午後800
糖尿病カンファレンス:月曜日午後300分から午後400
消化器カンファレンス:木曜日午後430分から午後530
呼吸器・膠原病カンファレンス:金曜日午後500分から午後700
注:内科カンファレンスでは、教育担当が30分程度のミニレクチャー、あるいは英語論文抄読会の当番を割り当てる。この他、月例CPCのプレゼンターも担当する。

臨床現場を離れた学習【整備基準14
1)内科領域の救急対応、2)最新のエビデンスや病態理解・治療法の理解、3)標準的な医療安全や感染対策に関する事項、4)医療倫理、医療安全、感染防御、臨床研究や利益相反に関する事項、5)専攻医の指導・評価方法に関する事項、などについて、以下の方法で研鑽します。
定期的(毎週1回程度)に開催する抄読会、医療倫理・医療安全・感染防御に関する講習会を年2回以上受講(基幹施設2014年度実績 医療安全に関する講習会8回開催、感染防御に関する講習会3回、医療倫理に関する講習会は2015年度から年1回開催予定)
内科CPC/公開CPC (基幹施設にて年間12回開催)
研修施設群合同カンファレンス(2017年度:年2回開催予定)
地域参加型のカンファレンス(基幹施設:上都賀郡市医師会学術講演会、上都賀総合病院公開CPC2014年度実績8回)
JMECC受講(基幹施設にて年1回開催予定。受講者6名。1年次中に必ず受講し、研修修了時までにインストラクター資格を取得することを目標とする)
内科系学術集会(下記「7.学術活動に関する研修計画」参照)
各種指導医講習会/JMECC指導者講習会 など

自己学習【整備基準15
研修カリキュラム項目表」では、知識に関する到達レベルをA(病態の理解と合わせて十分に深く知っている)とB(概念を理解し、意味を説明できる)に分類、技術・技能に関する到達レベルをA(複数回の経験を経て、安全に実施できる、または判定できる)、B(経験は少数例ですが、指導者の立ち会いのもとで安全に実施できる、または判定できる)、C(経験はないが、自己学習で内容と判断根拠を理解できる)に分類、さらに、症例に関する到達レベルをA(主担当医として自ら経験した)B(間接的に経験している(実症例をチームとして経験した、または症例検討会を通して経験した)、C(レクチャー、セミナー、学会が公認するセルフスタディやコンピューターシミュレーションで学習した)と分類しています。(「研修カリキュラム項目表」参照)自身の経験がなくても自己学習すべき項目については、以下の方法で学習します。
内科系学会が行っているセミナーのDVDやオンデマンドの配信
日本内科学会雑誌にあるMCQ
日本内科学会が実施しているセルフトレーニング問題 など

研修実績および評価を記録し、蓄積するシステム【整備基準41
日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用いて、以下をwebベースで日時を含めて記録します。
専攻医は全70疾患群の経験と200症例以上を主担当医として経験することを目標に通算で最低56疾患群以上160症例の研修内容を登録します。指導医はその内容を評価し、合格基準に達したと判断した場合に承認を行います。また、専攻医による逆評価を入力して記録します。
指導医の校閲後に全29症例の病歴要約を登録し、日本内科学会病歴要約評価ボードによるピアレビューを受けます。ピアレビューで指摘された事項を改訂し、受理されるまで繰り返します。
専攻医は学会発表や論文発表の記録をシステムに登録します。
専攻医は各専門研修プログラムで出席を求められる講習会(例:CPC,地域連携カンファレンス、 医療倫理・医療安全・感染対策講習会)の出席をシステム上に登録します。(これらの事務作業は臨床研修センター専属の事務員が把握し支援します。)

5.プログラム全体と各施設におけるカンファレンス【整備基準13,14
 プログラム全体と各施設のカンファレンスについては、基幹施設である上都賀総合病院臨床研修センターが把握し、定期的にE-mailで専攻医に周知し、出席を促します。出席記録は臨床研修センターが管理します。(カンファレンスの概要は、施設ごとに実績を記載してあります。P.17「上都賀総合病院病院内科専門研修施設群」を参照してください。)

6.リサーチマインドの養成計画【整備基準6,12,30
 内科医には、単に症例を経験することにとどまらず、これらを自ら深めてゆく姿勢が求められます。この能力は生涯にわたって自己研鑽を続けるために不可欠です。上都賀総合病院内科専門研修施設群は基幹施設、連携施設、特別連携施設のいずれにおいても、
1 患者から学ぶという姿勢を基本とする。
2
科学的な根拠に基づいた診断、治療を行う。(EBM; evidence based medicine)
3 最新の知識、技能を常にアップデートする(生涯学習)
4
診断や治療のエビデンスの構築・病態の理解につながる研究を行う。
5
症例報告を通じて深い洞察力を磨く。
 といった基本的なリサーチマインドと学問的姿勢を涵養します。併せて、
1 初期研修医あるいは医学部学生の指導を行う。
2 後輩専攻医の指導を行う。
3
メディカルスタッフを尊重し、その指導を行う。
 以上を通じて内科専攻医としての教育活動を行います。

7.学術活動に関する研修計画【整備基準12
上都賀総合病院内科専門研修施設群は基幹病院、連携病院、特別連携病院のいずれにおいても、
日本内科学会本部または支部主催の生涯教育講演会、年次講演会、CPCおよび内科系Subspecialty 学会の学術講演会・講習会に年2回以上参加することが必要です。
筆頭者2件以上の学会発表あるいは論文発表が必要です。
発表する内容は、症例報告/臨床研究/内科学に通じる基礎研究のいずれかです。
なお、専攻医が社会人大学院の利用を希望する場合、研修プログラムの修了認定基準を満たせるよう、2年次以降に指導医の意見を考慮した上で許可します。週1回の研修日を利用してください。

8.コア・コンピテンシーの研修計画【整備基準7
「コンピテンシー」とは観察可能な能力で、知識、技能、態度が複合された能力です。これは観察可能であることから、その習得を測定し、評価することが可能です。その中で共通・中核となるコア・コンピテンシーは倫理観・社会性です。
上都賀総合病院内科専門研修施設群は基幹施設、連携施設、特別連携施設のいずれにおいても指導医、Subspecialty上級医とともに下記1)~10)について積極的に研鑽する機会を与えます。プログラム全体と各施設のカンファレンスについては、基幹施設である上都賀総合病院臨床研修センターが把握し、定期的にE-mailで専攻医に周知し、出席を促します。出席記録は臨床研修センターが管理します。
患者とのコミュニケーション能力
患者中心の医療の実践
患者から学ぶ姿勢
自己省察の姿勢
医の倫理への配慮
医療安全への配慮
公益に資する医師としての責務に対する自律性(プロフェッショナリズム)
地域医療保健活動への参画
他職種を含めた医療関係者とのコミュニケーション能力
後輩医師への指導
教える事が学ぶ事につながる経験を通し、先輩からだけではなく後輩、医療関係者からも常に学ぶ姿勢を身につけます。

9.地域医療における施設群の役割【整備基準11,28
基幹施設である上都賀総合病院は、栃木県西保険医療圏の中心的な急性期病院であり、地域の病診・病病連携の中核です。コモンディジーズはもちろん、高齢者に多い多数の疾患を合併した症例も多数経験できます。一方で県下有数の専門性を持った医師も在籍しているため、領域によってはきわめて希少な疾患の診療も経験できます。高次機能病院や地域病院との病病連携や診療所(在宅訪問診療施設などを含む)との病診連携も経験できます。また、上都賀総合病院には地域包括ケア病棟が併設されている上、僻地診療所も有しており、地域医療密着型病院としての性格も併せ持っています。このため、地域に根ざした医療、地域包括ケア、僻地診療などを中心とした診療経験も研修できます。さらに、臨床研究や症例報告などの学術活動も積極的に行なっており、将来の進路にかかわらず、生涯にわたって学術的な活動を継続するための素養を身につけることができます。
連携施設、特別連携施設には、内科専攻医の多様な希望・将来性に対応し、地域医療や全人的医療を組み合わせて、急性期医療、慢性期医療および患者の生活に根ざした地域医療を経験できることを目的に、高次機能病院である済生会宇都宮病院、地域基幹病院であるNHO栃木医療センター、がん専門病院である栃木県立がんセンターで構成しています。
地域基幹病院であるNHO栃木医療センターでは、高次機能・専門病院とは異なる環境で、地域の第一線における中核的な医療機関の果たす役割を中心とした診療経験をより深く研修します。また、臨床研究や症例報告などの学術活動も積極的に行なっており、将来の進路にかかわらず、生涯にわたって学術的な活動を継続するための素養を身につけることができます。高次機能・専門病院である済生会宇都宮病院と栃木県立がんセンターでは、高度な急性期医療、より専門的な内科診療、悪性腫瘍を中心とした診療経験を研修し、臨床研究や基礎的研究などの学術活動の素養をさらに磨くことができます。
これらの上都賀総合病院内科専門研修施設群(P.17)は、栃木県西部医療圏、近隣医療圏から構成されています。最も距離が離れている済生会宇都宮病院は宇都宮市内にありますが、上都賀総合病院から車を利用して40分程度の移動時間であり、移動や連携に支障をきたす可能性はありません。連携施設での研修は、上都賀総合病院のプログラム管理委員会と研修委員会とが管理と指導の責任を行います。上都賀総合病院の担当指導医が、連携施設の上級医とともに、専攻医の研修指導にあたり、指導の質を保ちます。

10. 地域医療に関する研修計画【整備基準28,29
上都賀総合病院内科施設群専門研修では,症例をある時点で経験するということだけではなく、主担当医として、入院から退院〈初診・入院~退院・通院〉まで可能な範囲で経時的に、診断・治療の流れを通じて、一人一人の患者の全身状態、社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践し、個々の患者に最適な医療を提供する計画を立て実行する能力の修得を目標としています。
上都賀総合病院内科施設群専門研修では、主担当医として診療・経験する患者を通じて、高次病院や地域病院との病病連携や診療所(在宅訪問診療施設などを含む)との病診連携も経験できます。



11. 内科専攻医研修【整備基準16

  図1.上都賀総合病院内科専門専門研修プログラム

基幹施設である上都賀総合病院内科で、専門研修(専攻医)1年目、2年目に2年間の専門研修を行います。
専攻医2年目の秋に専攻医の希望・将来像、研修達成度およびメディカルスタッフによる360度評価(内科専門研修評価)などを基に、専門研修(専攻医)3年目の研修施設を調整し決定します。病歴提出を終える専門研修(専攻医)3年目の1年間、連携施設、特別連携施設で研修をします(図1)。なお、研修達成度によってはSubspecialty研修も可能です(個々人により異なります)。

12. 専攻医の評価時期と方法【整備基準17,1922
1)上都賀総合病院臨床研修センター(仮称:2016年度設置)の役割
上都賀総合病院内科専門研修管理委員会の事務局を行います。
上都賀総合病院内科専門研修プログラム開始時に、各専攻医が初期研修期間などで経験した疾患について日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)の研修手帳Web版を基にカテゴリー別の充足状況を確認します。
3か月ごとに研修手帳Web版にて専攻医の研修実績と到達度を適宜追跡し,専攻医による研修手帳Web版への記入を促します。また、各カテゴリー内の研修実績と到達度が充足していない場合は該当疾患の診療経験を促します。
6か月ごとに病歴要約作成状況を適宜追跡し、専攻医による病歴要約の作成を促します。また、各カテゴリー内の病歴要約が充足していない場合は該当疾患の診療経験を促します。
6か月ごとにプログラムに定められている所定の学術活動の記録と各種講習会出席を追跡します。
年に複数回(8月と2月、必要に応じて臨時に)、専攻医自身の自己評価を行います。その結果は日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を通じて集計され、1か月以内に担当指導医によって専攻医に形成的にフィードバックを行って、改善を促します。
臨床研修センターは、メディカルスタッフによる360度評価(内科専門研修評価)を毎年複数回(8月と2月、必要に応じて臨時に)行います。担当指導医、Subspecialty上級医に加えて、看護師長、看護師、臨床検査・放射線技師・臨床工学技士、事務員などから、接点の多い職員5人を指名し、評価します。評価表では社会人としての適性、医師としての適正、コミュニケーション、チーム医療の一員としての適性を多職種が評価します。評価は無記名方式で、臨床研修センターもしくは統括責任者が各研修施設の研修委員会に委託して5名以上の複数職種に回答を依頼し、その回答は担当指導医が取りまとめ、日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)に登録します(他職種はシステムにアクセスしません)。その結果は日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を通じて集計され、担当指導医から形成的にフィードバックを行います。
日本専門医機構内科領域研修委員会によるサイトビジット(施設実地調査)に対応します。

2)専攻医と担当指導医の役割
専攻医1人に1人の担当指導医(メンター)が上都賀総合病院内科専門研修プログラム委員会により決定されます。
専攻医はwebにて日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)にその研修内容を登録し、担当指導医はその履修状況の確認をシステム上で行ってフィードバックの後にシステム上で承認をします。この作業は日常臨床業務での経験に応じて順次行います。
専攻医は、1年目専門研修終了時に研修カリキュラムに定める70疾患群のうち20疾患群、60症例以上の経験と登録を行うようにします。2年目専門研修終了時に70疾患群のうち45疾患群、120症例以上の経験と登録を行うようにします。3年目専門研修終了時には70疾患群のうち56疾患群、160症例以上の経験の登録を修了します。それぞれの年次で登録された内容は都度、担当指導医が評価・承認します。
担当指導医は専攻医と十分なコミュニケーションを取り、研修手帳Web版での専攻医による症例登録の評価や臨床研修センターからの報告などにより研修の進捗状況を把握します。専攻医はSubspecialtyの上級医と面談し、専攻医が経験すべき症例について報告・相談します。担当指導医とSubspecialtyの上級医は、専攻医が充足していないカテゴリー内の疾患を可能な範囲で経験できるよう、主担当医の割り振りを調整します。
担当指導医はSubspecialty上級医と協議し,知識,技能の評価を行います。
専攻医は、専門研修(専攻医)2年修了時までに29症例の病歴要約を順次作成し、日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)に登録します。担当指導医は専攻医が合計29症例の病歴要約を作成することを促進し、内科専門医ボードによる査読・評価で受理(アクセプト)されるように病歴要約について確認し、形成的な指導を行う必要があります。専攻医は、内科専門医ボードのピアレビュー方式の査読・形成的評価に基づき、専門研修(専攻医)3年次修了までにすべての病歴要約が受理(アクセプト)されるように改訂します。これによって病歴記載能力を形成的に深化させます。

3)評価の責任者年度ごとに担当指導医が評価を行い、基幹施設あるいは連携施設の内科研修委員会で検討します。その結果を年度ごとに上都賀総合病院内科専門研修管理委員会で検討し、統括責任者が承認します。

4)修了判定基準【整備基準53
1)担当指導医は,日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用いて研修内容を評価し、以下))の修了を確認します。
i)主担当医として「研修手帳(疾患群項目表)」に定める全70疾患群を経験し、計200症例以上(外来症例は20症例まで含むことができます)を経験することを目標とします。その研修内容を日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)に登録します。修了認定には、主担当医として通算で最低56疾患群以上の経験と計160症例以上の症例(外来症例は登録症例の1割まで含むことができます)を経験し、登録済み(P.39別表1「上都賀総合病院疾患群症例病歴要約到達目標」参照)。
ii29病歴要約の内科専門医ボードによる査読・形成的評価後の受理(アクセプト)
iii)所定の2編の学会発表または論文発表
ivJMECC受講
v)プログラムで定める講習会受講vi)日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用いてメディカルスタッフによる360度評価(内科専門研修評価)と指導医による内科専攻医評価を参照し、社会人である医師としての適性を確認します。
2)上都賀総合病院内科専門医研修プログラム管理委員会は、当該専攻医が上記修了要件を充足していることを確認し、研修期間修了約1か月前(通常、最終年度2月末)に上都賀総合病院内科専門医研修プログラム管理委員会で合議のうえ統括責任者が修了判定を行います。

5)プログラム運用マニュアル・フォーマット等の整備
「専攻医研修実績記録フォーマット」、「指導医による指導とフィードバックの記録」および「指導者研修計画(FD)の実施記録」は、日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用います。なお、「上都賀総合病院内科専攻医研修マニュアル」【整備基準44】(P.29)と「上都賀総合病院内科専門研修指導者マニュアル」【整備基準45】(P.36)と別に示します。

13. 専門研修管理委員会の運営計画【整備基準34,35,3739
P.28「上都賀総合病院内科専門研修管理委員会」参照)
1)上都賀総合病院内科専門研修プログラムの管理運営体制の基準
i)内科専門研修プログラム管理委員会(専門医研修プログラム準備委員会から2016年度中に移行予定)にて、基幹施設、連携施設に設置されている研修委員会との連携を図ります。内科専門研修プログラム管理委員会は、統括責任者、プログラム管理者(ともに総合内科専門医かつ指導医)、事務局代表者、内科Subspecialty分野の研修指導責任者および連携施設担当委員で構成されます。また、オブザーバーとして専攻医を委員会会議の一部に参加させる(P.28上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会参照)。上都賀総合病院内科専門研修管理委員会の事務局を、上都賀総合病院臨床研修センターにおきます。
ii)上都賀総合病院内科専門研修施設群は、基幹施設、連携施設ともに内科専門研修委員会を設置します。委員長1名(指導医)は。基幹施設との連携のもと活動するとともに、専攻医に関する情報を定期的に共有するために、毎年6月と12月に開催する上都賀総合病院内科専門研修管理委員会の委員として出席します。
基幹施設、連携施設ともに、毎年430日までに上都賀総合病院内科専門研修管理委員会に以下の報告を行います。
前年度の診療実績
病院病床数、b)内科病床数、c)内科診療科数、d)1か月あたり内科外来患者数、e)1か月あたり内科入院患者数、f)剖検数
専門研修指導医数および専攻医数
a)前年度の専攻医の指導実績、b)今年度の指導医数/総合内科専門医数、c)今年度の専攻医数、d)次年度の専攻医受け入れ可能人数。
前年度の学術活動
学会発表、b)論文発表
施設状況
施設区分、b)指導可能領域、c)内科カンファレンス、d)他科との合同カンファレンス、e)抄読会、f)机、g)図書館、h)文献検索システム、i)医療安全・感染対策・医療倫理に関する研修会、j)JMECCの開催。
Subspecialty領域の専門医数
日本消化器病学会消化器専門医数:3名、日本循環器学会循環器専門医数:1名、日本内分泌学会専門医数:1名、日本糖尿病学会専門医数:1名、日本甲状腺学会専門医数:1名、日本リウマチ学会専門医数:1名

14. プログラムとしての指導者研修(FD)の計画【整備基準18,43
指導法の標準化のため日本内科学会作製の冊子「指導の手引き」(仮称)を活用します。
厚生労働省や日本内科学会の指導医講習会の受講を推奨します。指導者研修(FD)の実施記録として、日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用います。

15. 専攻医の就業環境の整備機能(労務管理)【整備基準40
労働基準法や医療法を順守することを原則とします。
専門研修(専攻医)1年目、2年目は基幹施設である上都賀総合病院の就業環境に、専門研修(専攻医)3年目は連携施設もしくは特別連携施設の就業環境に基づき就業します(P.17「上都賀総合病院内科専門研修施設群」参照)。

基幹施設である上都賀総合病院の整備状況:
研修に必要な図書室とインターネット環境があります。
上都賀厚生農業協同組合連合会上都賀総合病院常勤医師として労務環境が保障されています。
メンタルストレスに適切に対処する部署(総務課職員担当)があります。
ハラスメント委員会が上都賀総合病院に整備されています。
女性専攻医が安心して勤務できるように、休憩室、更衣室、仮眠室、シャワー室、当直室が整備されています。
敷地内に院内保育所があり、利用可能です。
専門研修施設群の各研修施設の状況については、P.17「上都賀総合病院内科専門施設群」を参照。また、総括的評価を行う際、専攻医および指導医は専攻医指導施設に対する評価も行い、その内容は上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会に報告されるが、そこには労働時間、当直回数、給与など、労働条件についての内容が含まれ適切に改善を図ります。

16. 内科専門研修プログラムの改善方法【整備基準4851
専攻医による指導医および研修プログラムに対する評価日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用いて無記名式逆評価を行います。逆評価は年に複数回行います。また、年に複数の研修施設に在籍して研修を行う場合には、研修施設ごとに逆評価を行います。その集計結果は担当指導医、施設の研修委員会、およびプログラム管理委員会が閲覧します。また集計結果に基づき、上都賀総合病院内科専門研修プログラムや指導医、あるいは研修施設の研修環境の改善に役立てます。

専攻医等からの評価(フィードバック)をシステム改善につなげるプロセス専門研修施設の内科専門研修委員会、上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会、および日本専門医機構内科領域研修委員会は日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用いて、専攻医の逆評価、専攻医の研修状況を把握します。把握した事項については、上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会が以下に分類して対応を検討します。
即時改善を要する事項
年度内に改善を要する事項
数年をかけて改善を要する事項
内科領域全体で改善を要する事項
特に改善を要しない事項
なお、研修施設群内で何らかの問題が発生し、施設群内で解決が困難である場合は、専攻医や指導医から日本専門医機構内科領域研修委員会を相談先とします。
担当指導医、施設の内科研修委員会、上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会、および日本専門医機構内科領域研修委員会は日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用いて専攻医の研修状況を定期的にモニタし、上都賀総合病院内科専門研修プログラムが円滑に進められているか否かを判断して上都賀総合病院内科専門研修プログラムを評価します。
担当指導医、各施設の内科研修委員会、上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会、および日本専門医機構内科領域研修委員会は日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用いて担当指導医が専攻医の研修にどの程度関与しているかをモニタし、自律的な改善に役立てます。状況によって、日本専門医機構内科領域研修委員会の支援、指導を受け入れ、改善に役立てます。

研修に対する監査(サイトビジット等)・調査への対応
上都賀総合病院臨床研修センターと上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会は、上都賀総合病院内科専門研修プログラムに対する日本専門医機構内科領域研修委員会からのサイトビジットを受け入れ対応します。その評価を基に、必要に応じて上都賀総合病院内科専門研修プログラムの改良を行います。
上都賀総合病院内科専門研修プログラム更新の際には、サイトビジットによる評価の結果と改良の方策について日本専門医機構内科領域研修委員会に報告します。

17. 専攻医の募集および採用の方法【整備基準52
本プログラム管理委員会は、毎年7月からwebsiteでの公表や説明会などを行い、内科専攻医を募集します。翌年度のプログラムへの応募者は、1130日までに上都賀総合病院臨床研修センターのwebsiteの上都賀総合病院医師募集要項(上都賀総合病院内科専門研修プログラム:内科専攻医)に従って応募します。書類選考および面接を行い、翌年1月の上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会において協議の上で採否を決定し、本人に文書で通知します。
(問い合わせ先) 上都賀総合病院臨床研修センター
上都賀総合病院内科専門研修プログラムを開始した専攻医は、遅滞なく日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)にて登録を行います。

18. 内科専門研修の休止・中断、プログラム移動、プログラム外研修の条件【整備基準33
やむを得ない事情により他の内科専門研修プログラムの移動が必要になった場合には、適切に日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)を用いて上都賀総合病院内科専門研修プログラムでの研修内容を遅滞なく登録し、担当指導医が認証します。これに基づき、上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会と移動後のプログラム管理委員会が、その継続的研修を相互に認証することにより、専攻医の継続的な研修を認めます。他の内科専門研修プログラムから上都賀総合病院内科専門研修プログラムへの移動の場合も同様です。
他の領域から上都賀総合病院内科専門研修プログラムに移行する場合、他の専門研修を修了し新たに内科領域専門研修をはじめる場合、あるいは初期研修における内科研修において専門研修での経験に匹敵する経験をしている場合には、当該専攻医が症例経験の根拠となる記録を担当指導医に提示し、担当指導医が内科専門研修の経験としてふさわしいと認め、さらに上都賀総合病院内科専門研修プログラム統括責任者が認めた場合に限り、日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)への登録を認めます。症例経験として適切か否かの最終判定は日本専門医機構内科領域研修委員会の決定によります。
疾病あるいは妊娠・出産、産前後に伴う研修期間の休止については、プログラム終了要件を満たしており、かつ休職期間が4ヶ月以内であれば、研修期間を延長する必要はないものとします。これを超える期間の休止の場合は、研修期間の延長が必要です。短時間の非常勤勤務期間などがある場合、按分計算(18時間、週5日を基本単位とします)を行なうことによって、研修実績に加算します。留学期間は、原則として研修期間として認めません。




上都賀総合病院内科専門研修施設群研修施設
 
病院
病床数
内科系病床数
内科診療科数
内科指導医数
総合内科専門医数
内科剖検数
基幹施設
上都賀総合病院
352
160 
8
6
2
13
連携施設
済生会宇都宮病院
644
221 
8
16
11
14 
連携施設
栃木県立がんセンター
291
133 
8
5
2
2 
連携施設
独立行政法人国立病院機構栃木医療センター
350
90 
6
4
3
4 





専門研修施設群の構成要件【整備基準25
内科領域では、多岐にわたる疾患群を経験するための研修は必須です。上都賀総合病院内科専門研修施設群研修施設は栃木県の医療機関から構成されています。
上都賀総合病院は、栃木県西保険医療圏の中心的な急性期病院です。そこでの研修は、地域における中核的な医療機関の果たす役割を中心とした診療経験を研修します。また、臨床研究や症例報告などの学術活動の素養を身につけます。
連携施設・特別連携施設には、内科専攻医の多様な希望・将来性に対応し、地域医療や全人的医療を組み合わせて、急性期医療、慢性期医療および患者の生活に根ざした地域医療を経験できることを目的に、高次機能・専門病院である済生会宇都宮病院、栃木県立がんセンター、地域基幹病院であるNHO栃木医療センターで構成しています。
高次機能・専門病院では、高度な急性期医療、より専門的な内科診療、希少疾患を中心とした診療経験を研修し、臨床研究や基礎的研究などの学術活動の素養を身につけます。
地域基幹病院では、上都賀総合病院と異なる環境で、地域の第一線における中核的な医療機関の果たす役割を中心とした診療経験をより深く研修します。また、臨床研究や症例報告などの学術活動の素養を積み重ねます。
地域医療密着型病院では、地域に根ざした医療、地域包括ケア、在宅医療などを中心とした診療経験を研修します。


専門研修施設(連携施設・特別連携施設)の選択
専攻医2年目の秋に専攻医の希望・将来像、研修達成度およびメディカルスタッフによる内科専門研修評価などを基に、研修施設を調整し決定します。
病歴提出を終える専攻医3年目の1年間、連携施設で研修をします(図1)。なお、研修達成度によってはSubspecialty研修も可能です(個々人により異なります)。

専門研修施設群の地理的範囲【整備基準26
栃木県西保険医療圏と近隣医療圏にある施設から構成しています。最も距離が離れている済生会宇都宮病院は宇都宮市にありますが、上都賀総合病院から車を利用して、40分程度の移動時間であり、移動や連携に支障をきたす可能性は低いです。


1)専門研修基幹施設
上都賀総合病院
認定基準
【整備基準23
1)専攻医の環境
•初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です。
•研修に必要な図書室とインターネット環境があります。
•当院常勤医師として労務環境が保障されています。
•メンタルストレスに適切に対処する部署(総務課職員担当)があります。
•ハラスメント委員会が整備されています。
•女性専攻医が安心して勤務できるように、休憩室、更衣室、仮眠室、シャワー室、当直室が整備されています。
•病院至近に職員用保育所があり、利用可能です。
認定基準
【整備基準23
2)専門研修プログラムの環境
•指導医は6名在籍しています(下記)。
•内科専門研修プログラム管理委員会(統括責任者(内科部長)、プログラム管理者(内科部長)(総合内科専門医かつ指導医);専門医研修プログラム準備委員会から2016年度中に移行予定)にて、基幹施設、連携施設に設置されている研修委員会との連携を図ります。
•基幹施設内において研修する専攻医の研修を管理する内科専門研修委員会と臨床研修センター(2016年度)を設置します。
•医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績12回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
•研修施設群合同カンファレンスを定期的に主催(2017年度予定)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
CPC を定期的に開催(2015年度実績10回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
•地域参加型のカンファレンス(上都賀郡市医師会学術講演会、上都賀総合病院公開CPC、自治医・獨協・上都賀合同カンファレンス、;2014年度実績30回)を定期的に開催し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
•プログラムに所属する全専攻医にJMECC受講(2016年度から年1回開催予定:受講者6名)を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
•日本専門医機構による施設実地調査に臨床研修センター(2016年度予定)が対応します。
•連携施設の専門研修では、電話や週1回の上都賀総合病院での面談・カンファレンスなどにより指導医がその施設での研修指導を行います。
認定基準
【整備基準23/31
3)診療経験の環境
・カリキュラムに示す内科領域13分野のうち全分野(少なくても7分野以上)で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています(上記)。
70疾患群のうちほぼ全疾患群(少なくても35以上の疾患群)について研修できます(上記)。
•専門研修に必要な剖検(2014年度実績13体,2013年度23体)を行っています。
認定基準
【整備基準23
4)学術活動の環境
•臨床研究に必要な図書室、写真室などを整備しています。
•倫理委員会を設置し、定期的に開催(2014年度実績12回)しています。
•治験管理室を設置し、定期的に受託研究審査会を開催(2014年度実績12回)しています。
•日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計3演題以上の学会発表(2014年度実績3演題)をしています。
指導責任者
花岡 亮輔
【内科専攻医へのメッセージ】
  まず、みなさんに伝えたいことは「○○内科専門医であるより先に、まずよき内科医であり、さらにそれより先に、よき医師であり、よき社会人であれ」と言うことです。現在の日本には、内科医であっても自分の専門領域以外の疾患には全く興味を抱かない排他的な専門家が増えています。もちろん内科において、各専門領域のSubspecialtyを獲得することは非常に大切です。しかし、みなさんが将来、特定の領域において本当に優秀な専門家になろうとするのならば、何よりもまず確固とした基礎を築くことが必要です。さらなる専門知識は、内科全領域にたいする幅広い知識と技術の裏付けがあってこそ、その真価を発揮するものといえるでしょう。
 上都賀総合病院は、医療過疎の進行した栃木県西部医療圏における唯一の総合病院であり、急性期医療の中心です。特定の疾患以外は診療しないという排他的な診療姿勢を持つことは許されません。専門外の疾患であっても、適切な初期対応を行った上で最も適切な医療機関への橋渡しをすることが求められます。一部の大都市を除けば、医療過疎は日本全国に普遍的に認められる現象であり、正しい姿勢をもって医療過疎と対峙しうる人材を育成することは、我が国の医療界の発展に大いに資するものであると信じています。このため、特定の内科専門領域の専門家を志す医師にも、幅広い視野を持ち、総合内科医的な姿勢を生涯にわたって保持しうるよう、教育を行っています。
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医(6名)、日本内科学会総合内科専門医(2名)、
日本消化器病学会消化器専門医数(3名)、日本内分泌学会専門医(1名)、日本糖尿病学会専門医(1名)、日本リウマチ学会専門医(1名)、日本甲状腺学会専門医(1名)、日本温泉気候物理医学会専門医(1名)
外来・入院患者数
外来患者9,840名(1ヶ月平均) 入院患者234名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群
きわめて稀な疾患を除いて、研修手帳(疾患群項目表)にある13領域、70疾患群の症例を幅広く経験することができます。
経験できる技術・技能
技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を、実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます。
経験できる地域医療・診療連携
急性期医療だけでなく、超高齢社会に対応した地域に根ざした医療、病診・病病連携なども経験できます。
学会認定施設
(内科系)
日本消化器病学会専門医制度認定施設
日本肝臓学会認定施設
日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設
日本リウマチ学会教育施設
日本呼吸器学会関連施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本糖尿病学会認定施設


)専門研修連携施設
1.栃木県済生会宇都宮病院

認定基準         【整備基準24】         1)専攻医の環境
•初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です。
•研修に必要な図書室とインターネット環境があります。
•栃木県済生会宇都宮病院常勤医師として労務環境が保障されています。
•メンタルストレスに適切に対処するためカウンセラーへの相談が可能です。
•ハラスメント委員会が整備されています。
•女性専攻医が安心して勤務できるように、休憩室、更衣室、仮眠室、シャワー室、当直室が整備されています。
•敷地内に院内保育所があり、利用可能です。
認定基準         【整備基準24】          2)専門研修プログラムの環境
•指導医が16名在籍しています(下記)。
•内科専門研修プログラム管理委員会(統括責任者、プログラム管理者(ともに総合内科専門医かつ指導医)にて、基幹施設、連携施設に設置されている研修委員会との連携を図ります。
•基幹施設内において研修する専攻医の研修を管理する内科専門研修委員会を設置します。
•医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2015年度実績 医療倫理2回、医療安全5回、感染対策4回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
•研修施設群合同カンファレンスを定期的に主催(2017年度予定)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
CPC を定期的に開催(2015年度実績6回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
•地域参加型のカンファレンスを定期的に開催し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
•プログラムに所属する全専攻医にJMECC受講(2016年度1回開催予定)を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
•日本専門医機構による施設実地調査に対応可能です。
認定基準                【整備基準24】                     3)診療経験の環境
•カリキュラムに示す内科領域13分野のうち全分野(少なくても7分野以上)で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています。
70疾患群のうち35以上の疾患群について研修できます。
•専門研修に必要な剖検(2014年度実績14体)を行っています。
認定基準          【整備基準24】                4)学術活動の環境
・臨床研修に必要な図書室を整備しています。文献検索:UptodateDynaMed、メディカルオンライン、医中誌等利用可能です。
・倫理委員会を設置し、定期的に開催しています。
・臨床試験管理室、臨床研究実験室を設置しています。
・日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計3演題以上の学会発表(2014年度実績3演題)を予定しています。
指導責任者
増田 義洋
 
 
 
 
 
【内科専攻医へのメッセージ】
栃木県宇都宮市の中心的な急性期病院である済生会宇都宮病院を基幹施設として、近隣の医療圏および東京都にある連携施設で内科研修をおこない、急性期医療から外来での管理まで包括的に対応できる内科専門医をめざします。common diseaseから希少疾患まで、多くの症例を経験することができるのが特色です。
指導医数(常勤医)
 
 
 
 
 
日本内科学会指導医16名,日本内科学会総合内科専門医11
日本消化器病学会消化器専門医1名,日本循環器学会循環器専門医4名,
日本内分泌学会専門医2名,日本糖尿病学会専門医2名,
日本腎臓病学会専門医1名,日本呼吸器学会呼吸器専門医2名,
日本血液学会血液専門医1名,日本神経学会神経内科専門医2名,
外来・入院患者数
外来患者1,273名(1日平均) 入院患者数1,358名(月平均)
 
 
経験できる疾患群
きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,70疾患群の症例を幅広く経験することができます。
経験できる技術・技能
技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます。
経験できる地域医療・診療連携
急性期医療だけでなく、超高齢社会に対応した地域に根ざした医療、病診・病病連携なども経験できます。
学会認定施設(内科系)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本内科学会認定教育病院
日本循環器学会循環器専門医研修施設
日本神経学会准教育施設
日本脳卒中学会認定研修教育病院
日本消化器病学会認定関連施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本肝臓学会関連施設
日本アレルギー学会教育施設
日本呼吸器学会認定施設
日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会認定施設
日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設
日本糖尿病学会認定教育施設
日本呼吸器内視鏡学会認定施設
日本心血管インターベーション治療学会認定研修施設
日本集中治療医学会専門医研修施設
日本IVR学会専門医修練施設
日本救急医学会救急科専門医指定施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設

)専門研修連携施設
2.栃木県立がんセンター

認定基準         【整備基準24】         1)専攻医の環境
•研修に必要な図書室とインターネット環境があります。
・レジデント専用の部屋が用意されます。
•栃木県立がんセンターレジデント、もしくはシニアレジデントとして任用されます。
•女性医師専用の当直室が整備されています。
•附属の保育園があり,利用可能です。
認定基準         【整備基準24】          2)専門研修プログラムの環境
•指導医が5名在籍しています(下記)。
•医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2015年度実績 医療安全30回、感染対策2回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
CPC を定期的に開催(2015年度実績1回)しています。
認定基準                【整備基準24】                     3)診療経験の環境
•カリキュラムに示す内科領域4分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています。
•専門研修に必要な剖検(2014年度実績2体)を行っています。
認定基準          【整備基準24】                4)学術活動の環境
・臨床研修に必要な図書室を整備しています.文献検索:Uptodate、メディカルオンライン、医中誌等利用可能です。
・臨床研究審査委員会を設置し、定期的に開催しています。
・臨床試験管理室を設置しています.
指導責任者
和泉 透
 
 
 
 
 
【内科専攻医へのメッセージ】
内科研修とともに、化学療法をはじめ癌の内科的管理を広く学ぶことが出来ます。特に血液がん、乳がん、肺がん、消化器がんに対する化学療法実施例が多く、その他婦人科がんや泌尿器科がんの症例も豊富です。また県内において日本血液学会と日本臨床腫瘍学会の研修施設の認定を受けているのは、大学病院を除くと当センターのみです。総合内科の素養を基本に血液専門医・がん薬物療法専門医の取得を将来目指す方には、適切な研修施設と思われますのでぜひご検討下さい。
指導医数(常勤医)
 
 
 
 
 
日本内科学会指導医5名、日本内科学会総合内科専門医3
日本消化器病学会消化器専門医2名、日本呼吸器学会呼吸器専門医2名、
日本血液学会血液専門医2 名、日本感染症学会感染症専門医1名、
日本肝臓学会肝臓専門医1名、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医1名
外来・入院患者数
外来患者168名(1日平均) 入院患者数88.3名(1日平均)
 
 
経験できる疾患群
研修手帳(疾患群項目表)にある4領域、16疾患群の症例を幅広く経験することができます。
経験できる技術・技能
技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を、実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます。
経験できる地域医療・診療連携
がん医療に関する病診・病病連携などが経験できます。
学会認定施設(内科系)
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
日本内科学会認定教育関連特殊施設
日本血液学会認定研修施設
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会認定施設
日本臨床腫瘍学会認定研修施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設





)専門研修連携施設
3.NHO栃木医療センター
認定基準         【整備基準23】         1)専攻医の環境
・臨床研修病院の協力型施設です。
・常勤医師としての労務環境が保証されています。
・メンタルストレスに対処する部署(管理課)があります。
・ハラスメントに対処する部署(管理課)があります。
・敷地内に院内保育所があり、利用可能です。
・宿舎もあり貸与可能です。
・研修に必要なインターネット環境があります。
・国立病院機構の職員規定が適用され様々な福利厚生が利用できます。
認定基準         【整備基準23】          2)専門研修プログラムの環境
・指導医は4名在籍しています。
・研修プログラム委員会(統括責任者(臨床研究部長)、プログラム管理者(内科部長)(ともに指導医)にて、基幹施設、連携施設に設置されている研修委員会との連携を図ります。
・基幹施設内に設置されている研修委員会と臨床研究部が設置されています。
・医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績6回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
・研修施設群合同カンファレンスを定期的に主催(2回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
CPCを定期的に開催(2014年度実績1回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
・地域参加型のカンファレンスを定期的に開催(デスカンファレンス(週1回)、栃木消化器オープンカンファレンス(月1回)、ウェブカンファレンス(月1回))し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
・プログラムに所属する全専攻医にJMECC受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
・日本専門医機構による施設実地調査に臨床研究部が対応します。
・特別連携施設(宇都宮協立診療所、生協ふたば診療所、ひばりクリニック、村井クリニック)の専門研修では、電話やメールでの週1回以上の報告、月1回の栃木医療センターでの面談・カンファレンスなどにより指導医がその施設での研修指導を行います。
認定基準                【整備基準23/31】                     3)診療経験の環境
・カリキュラムに示す内科領域13分野のうち全分野(少なくても7分野以上)で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています。
・70疾患群のうちほぼ全疾患(少なくても35以上の疾患群)について研修できます。
・専門研修に必要な剖検(2014年度実績4回)を行っています。      
認定基準          【整備基準23】                4)学術活動の環境
・臨床研修に必要な図書室を整備しています。文献検索:UptodateDynaMed、メディカルオンライン、医中誌等利用可能です。
・倫理委員会を設置し、定期的(4半期に1回)に開催しています。
・治験管理室を設置し、定期的(毎月1回)に受託研究審査委員会を開催しています。
・日本内科学会講演会あるいは同地方会で年間で計1演題以上の学会発表(2014年度1題、2015年度2題)をしています。1研修医に年1回以上の学会発表を予定します。
 
・各種臨床治験や国立病院機構のEBM研究などへ参加しており、学会発表も定期的に行っています。
指導責任者
矢吹 拓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【内科専攻医へのメッセージ】
当院の特徴は内科が一つの診療科として機能しており、初診・救急・院内外紹介などの入り口を一手に担当しているところです。当院で研修することで、内科全般の外来・救急・入院のそれぞれの場において、初期対応から比較的専門的対応まで幅広く学ぶことが可能です。症例は非常に豊富でかつ多岐に渡り、診療科に捕らわれず多くの症例経験を積むことが可能です。また、単に経験を積むだけでなく、入院カンファ・外来カンファ(初診・再診)などで定期的に診療した患者について毎回指導医からのフィードバックを受けることが可能です。また定期的にMKSAP勉強会や論文抄読会、クルズスなどを通して、各疾患・病態の再診知識のアップデートをすることが可能です。勉強会の内容などは以下のブログ(http://tyabu7973.hatenablog.com/)にまとまっていますので興味のある方は是非ご覧ください。皆様のお越しをこころからお待ちしております。
指導医数(常勤医)
 
 
 
 
 
 
 
 
日本内科学会指導医7
日本内科学会総合内科専門医3
日本循環器病学会専門医3
日本消化器病学会消化器専門医1
日本プライマリケア連合学会家庭医療専門医・指導医3
日本救急医学会専門医1
日本肝臓学会専門医1
日本消化器内視鏡学会指導医1
日本がん治療認定医機構がん治療認定医1
外来・入院患者数
外来患者520名(1日平均) 入院患者数270.1名(1日平均)
経験できる疾患群
きわめて稀な疾患を除いて、研修手帳(疾患群項目表)にある13領域、70疾患群の症例を幅広く経験する事ができる。
経験できる技術・技能
技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を、実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます。
経験できる地域医療・診療連携
急性期医療だけでなく、超高齢社会に対応した地域に根ざした医療、病診・病病連携なども経験できます。
学会認定施設(内科系)
 
 
 
 
 
 
 
日本内科学会教育関連病院
日本プライマリー・ケア連合学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本消化器病学会関連施設(慶応義塾大学病院関連)
日本感染症学会認定研修施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本救急医学会専門医指定施設
上都賀総合病院内科専門研修プログラム管理委員会
(平成283月現在)

上都賀総合病院
花岡 亮輔(プログラム統括責任者、委員長、リウマチ・膠原病・腎臓・血液分野責任者)
松村 美穂子(プログラム管理者、内分泌・代謝分野責任者)
吉住 博明(消化器内科分野責任者)
一戸 彰 (消化器内科分野担当)
近藤 裕子(消化器内科分野担当)
海宝 雄太(消化器内科分野担当)
桂田 健一(循環器内科分野責任者)
町田 安孝(呼吸器・アレルギー・感染症分野責任者)
黒本 和彦(臨床研修センター 事務局)

連携施設担当委員
済生会宇都宮病院 泉 学
栃木県立がんセンター 和泉
NHO栃木医療センター 上原 慶太

オブザーバー
内科専攻医代表1 中村 悠城
内科専攻医代表2 古田 友美

0 件のコメント:

コメントを投稿